おすすめのメンズエステ

三軒茶屋のメンズエステが好きになったせいで

三軒茶屋を経由する散歩ルートを作って早1年

田園都市線に乗るのでは無く徒歩

健康の為にという理由もあるが

心のリフレッシュが一番の理由でもある

日曜日のお昼は清々しくてとても素敵だと思う

特に、この秋と冬の間のにおいが独特で

ある種の中毒性と言いますか

この季節を待ち遠しくなっている俺がいます

散歩すると哲学が浮かぶから哲学の道?

そんな道が京都の観光ルートにはありますが

そこで三軒茶屋への哲学の道にて

手つかずの哲学である

メンズエステについてふと思い出しながら

考えてみたのでここに物語として記そうと思う

 

~先週の話~

【セラピスト】

ぐーちょきぱー で

ぐーちょきぱー で

なにつくろー? なにつくろー?

指圧は ぐーで

背中は ぱーで

いーいかな~? いーいかな~?

 

【俺】

ぐーちょきぱー で

ぐーちょきぱー で

なにつくろー? なにつくろー?

『早速ですが子作りでお願いします(真顔)』

 

 

おいおいおいおい

待て待て待て待て(INK)

 

 

その真顔返しをやめろ

鏡に映ってるんだよ 鏡によ

うつ伏せだって解るんだぞ

今 ドン引き したってよぉ

 

何と言いますか・・・

不確定な情報を真に受ける人たちのせいで

些細な事でも

怯えるセラピスト達が増えてきたように感じます

だからと言って

それを言い訳にしないで欲しいです

勝てない のは サービス ではなく

その人の魅力です

オンリーワンである人間力には適いません

 

もし、過激なサービスにより

ある人が多くの方を惹きつけたとしても

その土俵で争うという考え

まず捨てましょう

そして、自身を見直すか

もしくは ぶれない心 で

仕事に対して真摯に向き合うべきです

 

というか、そんな話を客の俺にするなと

その話も他の客からのまた聞きだろうし

信憑性ないって

 

『え~ だって~(ため口)』

 

そういうとこやで!!(Vo:小藪)

 

と言ったとしても

多分この人は一生気づかない

言い訳に言い訳を重ね続けて

自分だけを守る人なんだろうなと・・・

 

逆の立場として言いたい事もある

お金の価値はそれぞれと言っても

メンズエステは90分で2万円近いお金がかかり

一日で稼ぐ人は割合として少ない事実

色々な人がいるのを解ったうえで

施術するプロを俺は常に欲している

というか探している

 

未だに見つからない事実も踏まえ

施術の技術は及第点を取るのは当たり前として(重要)

個人の魅力を最大限に引き出せるような

そんな育成もあって良いと思う

 

あぁ^~ 夕焼けが奇麗なんじゃぁあ^~

(39歳 若旦那のまざふぁっかー)

 

 

(三茶美人 愛原あやの)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事