おすすめのメンズエステ

昼は新宿でOL、夜は渋谷のメンズエステのセラピストとして

二足の草鞋をはいた生活にもなれた頃の体験談です

「お疲れ様でした~」

『お疲れ様です、今日も指名とれて順調だねっ☆』

「ありがとうございます、ようやく慣れてきました」

『おさわり坊やは~?』

「甘嚙み、手越(手を腰)、ぶりっこちょーーっぷ♪ですねっ」

お店のスタッフの方とも気さくにお話も出来るようになり

楽勝とは思わないけれども、それなりに成果が出ていたある日の事です

『お客様の言いなりはダメ、目の前の餌に喰いついたら次はもっと要求されるんだからね』

「すみませんでした、気を付けます」

他のセラピストが怒られていました

そのセラピストが自分のルームに帰った後に

それとなく理由を聞いてみたのですが

『あの子さぁ、ぷらす5000円でサービスしちゃったんだよねぇ』

その時は、そうなんだ~ 最低な人もいるんだな程度に思っていました

いざ自分が指導を受けた時に

頭の中でクエスチョンマークが溢れたのが強く印象に残っています

そして、その一週間後

退店を決めた当日のお話です

私が事務所に顔を出してすぐ

少し興奮気味の店長さんが詰め寄ってきたのです

『昨日休んだ理由なんだっけ?』

「すみません、寝坊と体調不良です」

『最近たるんでるんじゃない?〇〇さんから密着が足りないってクレームきてたよ』

〇〇さんは私と連絡を取り合う仲なので

すぐに、LINEで謝罪という名の営業メールをすぐにしたのですが

ピロン♪

〇〇様からのご返事です

そんな事言ってないと返ってきた

そして私からのLINEがとても嬉しかったのか続けてメッセージがくる

ピロン♪ピロン♪ピロン♪ピロン♪ピロン♪

ここで、少し違和感がありましたが

取り敢えず準備しなきゃなので返信は後回しにして

事務所を後にしてルームへ向かいひと段落して

さぁ、可愛い可愛い〇〇様にお手紙かきましょうね~とスマホを取ったのですが

そこで、一つ気になる文章がありました

 

既読スルーは酷くない?

 

あっ・・・

なるほど、そういう事か・・

昨日さぼって彼氏とデートしたから怒ってたんだ・・・

 

そういえば・・・

どうして事務所とルームは離れているのに

あのセラピストがお客様からお金を別で頂いたのが解ったのか

犯罪行為をする人という理由のおかげで

結論はすぐに出ました

 

うんっ!!早退して辞めようっ!!

 

(23歳 上京物語のラストは三茶で散ろう)

(三茶美人 松尾みゆき)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事